親なるもの断崖で松恵が最初のほうに自殺してしまいます。そのシーンはとても重いです。見ているのもつらいくらいです。
そして恵みの雨が降って松恵の魂をしずめてほしいと思いました。

漫画親なるもの断崖は曽根富美子さんが作者です、自分が愛情を持って育て上げた漫画の原作が一気に世に出回る瞬間手どんな気持ちなんでしょうか。

たぶんこつこつと育てた植物が花開いて芽を出した瞬間に似ているのではないかと思います。

それぐらい大きな喜びと感動にあふれているのです。親なるもの断崖漫画には実は希望も隠れたテーマだと思っています。漫画には何かしらのメッセージが隠されているのです。

そんな親なるもの断崖をこれからもっともっと多くの人に読んでもらえたら幸いですね。

でも一部の人にでも届けばそれはそれでいいのかもです。だってこの世の中で一人でも話が共感できる人がいれば十分でしょう。

たくさんの人がいる中で話ができるということは素晴らしいことです。

そして親なるもの断崖が漫画になった感動をわかちあうことができれば最高なんです。

そういう人とこれからも付き合っていこうと誓います。そして親なるもの断崖を漫画で読んだからこそ何に対しても感謝の気持ちをもって日々生活していこうと思いました。