無料試し読みという言葉につられて、親なるもの断崖を読んでみました。そこから本編も読むはめになりました。だって気になったんです、登場する梅や武子、道子の結末が。2部では更に道生という少女の新しい目線で描かれているのにびっくりしましたが、とにかく少女らの悲痛で過酷な人生に釘付けでした。親なるもの断崖が無料で読める部分だけでも考えさせられるシーンは多いのですが、この道生という少女は現代に通じるものがあったのでなおさら強烈でした。もちろんそれ以外の少女達も、実際に北海道室蘭にあった幕西遊郭が題材になっているのでとても生々しい生き様です。昭和初期の日本で身売りされた少女、その少女たちが戦前、戦時、戦後をどう生き、そしてどのような最期を遂げたのか。虐げられるもの達もそのどうしようもできない残酷な運命の中で、必死に生きているのだと思うと、自分を見つめ直すきっかけになりました。親なるもの断崖無料のはじめは無料という言葉につられて試し読みから入りましたが、親なるもの断崖という作品は今まで出会った作品の中で群を抜いて考えさせられる作品でした。曽根富美子さんが描かれているので昔の作品ではありますが、今の時代に見るからこそ気付くものが多い漫画だと思います。