みみっちいという感情が溢れてきそうになったらあのときのおなかにいっぱいあやかしの種を思い出して欲しいですね。
あかるはリンに言われるがままにおなかにいっぱいあやかしの種でとても優れていたので寛大さと寛容さを兼ね備える存在だったんですね。だからこそ思いっきり遊ぶことができて楽しんで生活することも可能だったんです。

学校生活とあやかしの精液集めを両立しているあかるは本当にすごいことだと思います。だからおなかにいっぱいあやかしの種は時に学生生活がピックアップされますけどやっぱりあかるはとても楽しそうに生活していることがわかります。

あかるがそうやって時を過ごしていくととても素晴らしい時間を共に過ごすことができて最高の二人を演出できそうですね。リンとあかるのコンビはおなかにいっぱいあやかしの種以外のコンビと比べてもかなり際立って連携が取れていることと思います。

そしてあの頃のおなかにいっぱいあやかしの種漫画を思い出すことによって新しい展開が生まれていくというプラスのサイクルに突入することが可能になりますね。

さてどうやったらこれからさきも輝けるのかもっと考えて日々考えて行こうと思います。それが現実になるその日まで。

おなかにいっぱいあやかしの種では漫画としての役割が十二分に果たされています。

おなかにいっぱいあやかしの種漫画